プレスリリース

Validant社、⽇本のリーディング医薬開発コンサルティング会社IDECをグループ化

2020年11⽉30⽇

  • ⽇本への進出に伴い地理的拠点を拡⼤
  • 医薬開発薬事の幅広い専⾨知識と深い知⾒の取得よる事業領域の拡充
  • ⽇本のIDEC社と中国のDataRevive社による東アジアの基盤の構築

欧⽶を中⼼に医薬品の品質・コンプライアンス・薬事のコンサルティング事業を展開するValidant社は、株式取得により⽇本のリーディング医薬開発コンサルティング会社IDECをValidantグループに迎えることとなりました。
IDECは医薬品の⾰新的な開発戦略の⽴案と実務⽀援サービスを提供し、国内外の顧客に対して⽇本の医薬開発及び市場参⼊に貢献しています。
IDECは国内の複雑で厳しい薬事規制に精通しており、世界の顧客企業へ⾰新的な医薬開発のソリューションを提供しています。IDECは加藤直也CEOが率いる医薬開発の豊富な経験を有するスペシャリスト集団であり、これまで数多くの医薬品の国内製造販売承認の取得に貢献してきました。IDECは医薬品開発の初期段階から承認取得、市場参⼊までを包括的にカバーするプラットフォームにより、国内外の顧客企業に戦略的かつ効率的なプロセスを提案し、顧客企業が⽬標を達成できるよう専⾨コンサルティングサービスを提供しています。

ValidantによるIDECの⼦会社化は、2019年の⽶国ワシントンD.Cに本社を置く医薬開発薬事コンサルティング会社DataReviveのグループ化に続くものであり、Validantグループの成⻑戦略の重要なステップとなります。⽇本のIDECをValidantグループに迎えることにより地理的拠点を拡⼤し、中国事業所を新設したDataReviveとの連携により東アジアの基盤を構築します。

今回の発表について、Validant社のCEOであるBrian Burns⽒は次のように述べています。
「IDECの加藤直也⽒とそのチームをValidantファミリーに迎え⼊れることを⼤変嬉しく思います。⽇本のIDECの卓越した専⾨知識とValidantの提供するサービスの統合は、Validant グループの重要なマイルストーンとなります。これにより、ヘルスケア分野における医薬専⾨コンサルティングのリーディングカンパニーとしての地位をグローバルに拡⼤するという我々の⽬標の達成に近づくことになります。」IDECの創業者であり会⻑のChris Brünger⽒は次のように述べています。「複雑な規制上の課題を抱える顧客企業に最⾼の質のサービスを提供するという、私たちと共通の理念を持つValidantのグループ会社となったことは、IDECにとって⾮常に喜ばしいことです。」

IDECのCEOである加藤直也⽒は次のように述べています。
「Validantファミリーの⼀員として新たな⾶躍の時代をスタートさせることができたことを⼤変嬉しく思います。医薬開発の真のグローバルコンサルティングプラットフォームを構築するためにValidantチームと連携し、我々の専⾨知識とネットワークを結集することにより、事業の可能性及び顧客ベースを最⼤化し、迅速な医薬開発とグローバル製品の国内上市に向けた戦略的アドバイスとサポートを通して、お客様に最⾼の価値を提供できることを確信しています。」

 

Validant社について

Validant社についてValidantは医薬品の品質・コンプライアンス・薬事の事業を展開する世界的⼤⼿コンサルティング会社であり、専⾨知識と⾰新性をもって医療分野の最前線で活躍する企業にソリューションを提供しています。当社はFDAやその他の規制当局の関連業務に豊富な経験を有しており、医療業界が直⾯する複雑な問題を解決に導くための深い知⾒を有しています。
詳細情報については、https://www.validant.com/をご覧ください。

IDEC社について

IDEC社についてIDECは2003年の設⽴以来、顧客企業の医薬品の⽇本向け開発プログラムを推進し、欧⽶に⼤幅な遅れをとることなく、多くの医薬品の国内製造販売承認の取得に貢献してきました。⽇本での医薬開発と薬事規制の課題に精通したIDECの専⾨家チームは、顧客企業のための「バーチャル・ジャパン・チーム」として、国内外の顧客に医薬品の⾰新的な開発戦略の⽴案と実務⽀援サービスを提供しています。
詳細情報については、http://www.idec-inc.com/をご覧ください。